低金利で人気の自動車ローンをお探しのあなたへ、日立キャピタルのマイカーローンが、金利が2.6%と低く、来店不要で人気でしたが、最近では銀行系の自動車ローンもかなり金利が安く金利が1.7%台のローンも出てきています。低金利で人気のマイカーローンをご紹介しています。

loan.jpg 住信SBIネット銀行の自動車ローンは金利が低いだけでなく、手続きはお店に行かず
WEBで申し込みするだけ。お忙しい方に最適なオートローンです。
低金利の自動車ローンはこちら>>住信SBIネット銀行のマイカーローン
(お申込みは無料です!)

teikinri.jpg

低金利のマイカーローン情報

低金利のバイクローンの概要

低金利のバイクローンの概要

低金利のバイクローンの概要
バイクの購入時に借り入れできる金額の範囲は、30万円~600万円までで支払期間と支払回数は、6ヶ月~7年間(中古車は5年)で6回~84回(中古車は60回)までで、手数料率範囲は、.6%~3.6%となっています。

低金利のバイクローンをご利用いただける方
・お借り入れ時 満20歳以上、完済時 満65歳以下
・前年度税込年収が280万円以上
・定職・定収入のある方
・バイク(排気量251cc以上)の購入資金に利用
上記の条件をすべて満たされる方

JAマイカーローン

JAマイカーローンは、新車や中古車の購入をはじめ、修理・車検費用など、カーライフに関するさまざまな用途につかえます。

JAのマイカーローンは、低金利ということで比較的知られていますが、確かに金利は1.2~1.8%と低く設定してありますが、保証料というものが発生します。

JAのマイカーローンの保証料とは、金融機関の指定する信用保証会社に保証を委託することで手数料が発生します、この手数料が保証料というものになります。

したがってJAのマイカーローンは、固定金利(1.2~1.8%)+保証料となりますので実質年率3.0~3.8%になってしまうことも。

JAのマイカーローンは保証料を含めても確かに低金利です。

なのでJAで借りらられば無駄な手数料をかけずにすみますね!

f2350.png
でもJAのマイカーローンだけが低金利では無いんです、色々な自動車ローンを探したら有ったんです。JAのマイカーローンより低金利なマイカーローンが、そのマイカーロンは日立キャピタルのマイカーローンで、保証料込で2.6%~3.6%の低金利で借りることができるんです。

しかも日立キャピタルのマイカーローンはWEBで申し込みが出来るため、店頭にわざわざ来店しないで利用することが可能です。

ローンの手続きで会社を休むことなく利用できるのは、大変助かります。

労金(ろうきん)のマイカーローン

ろうきんマイカーローンの特徴

ろうきんマイカーローンといえば、固定金利で低金利のローンが魅力的です。

ろうきんマイカーローンは、新車や中古車の購入をはじめ、修理・車検費用、保険、車庫建設、免許取得費用、他行・ディーラーからの自動車ローンの借り換えになど、カーライフに関するさまざまな用途につかえます。

さらにいま流行りのマリーンスポーツに関する費用などにも使えます。

労金のマイカーローンは、低金利ということで比較的知られていますが、確かに金利は
1.7~2.2%と低く設定してありますが、保証料というものが発生します。

労金のマイカーローンの保証料とは、金融機関の指定する信用保証会社に保証を委託することで手数料が発生します、この手数料が保証料というものになります。

したがってろうきんのマイカーローンは、固定金利(1.7~2.2%)+保証料となりますので実質年率3.4%になってしまうことも。

ろうきんのマイカーローンは、保証料を含めても確かに低金利です。

なので労金で借りらられば無駄な手数料をかけずにすみますね!

でも労金のマイカーローンだけが低金利ではないんです、
日立キャピタルのマイカーローンは保証料込で2.6%~3.6の低金利で借りることができるんです。

日立キャピタルの事前審査について

日立キャピタルマイカーローンの事前審査について、
事前審査⇒本審査という2段階審査という形ではなく、
お申し込み自体が審査となります。

マイカーローンの契約手続きを進めるかどうかは、日立キャピタルの
ご提示する金利等の条件を確認してから、ご自身で決められます。

お申込みは無料ですし、お申し後ローンを使用しなくなっても
キャンセルが可能です。キャンセルに関してもキャンセル料など
一切かかりません。

また日立キャピタルマイカーローンの審査結果は、日立キャピタルの
営業時間(平日 9:00~18:00)内の通算時間で12時間程度でわかります。

マイカーローンの申込みは無料なので、審査に通るか分からないので
早めに申し込みをして、審査結果を待つ方がいいかもです!

ディーラー・販売店の自動車ローン

ディーラー・販売店の自動車ローンの金利は、7%~9%が
平均になっているようです。

ディーラー・販売店では、拡販したい車種に、低金利の
キャンペーンを行い金利が安くなる時があります。
この場合は、車種限定という場合が多いようです。

この低金利のキャンペーンを利用して車を買うのも
賢い選択かもしれません。

ただ欲しい車が、ちょうどその低金利のキャンペーンを
実施していれば良いですが、なかなかそう上手くいく
ことは少ないかもしれませんね!

実際に、わたしも、先日ホンダのディーラーに伺って
新車の見積もりをお願いしましたが、そのときの
カーローンの金利は、7%でした。

ディーラーで、自動車ローンを組むのは楽で簡単な分
金利は、かなり高いんだと感じました。

これを考えると、すこし手間がかかっても金利が安い
自動車ローンの方を利用したほうが賢いですね!

7%の半分だと3.5%。

これより金利が低い自動車ローンってあるんですよね。


残価設定型クレジットって?

残価設定型クレジットとは、普通の自動車のクレジット、マイカーローンとは違い、まず最初に3年~5年後の買い取り保証額を設定します。この買い取り保証額、これが俗に言う残価と言います。

そしてその残価(買い取り保証額)を除いた金額を分割で支払いする方法が、残価設定型クレジットといいます。

残クレは、残価(買い取り保証額)があるので、クレジットを組む所要資金が少なく設定できるため、月々の支払いの負担が軽くなり、いま注目を集めている自動車ローンです。

またこの残価設定クレジットの魅力は、クレジット終了時に3つのプランが選べます。
「新車に買い替える」「車を返却、手放す」「車をお客様が買い取って乗り続ける」ことができます。選択できることで、生活環境や社会状況が変わっても選択肢があることで人気となっています。

トヨタ自動車では、残価設定型プラン、日産では、日産ビッグバリュークレジット(残価設定型)ダイハツでは、ワンダフルクレジット、スズキ自動車では、かえるプラン、マツダでは、マツダスカイプラン、三菱では、スーパーマイカープラン、スバルでは、SUBARU安心プランという呼び方で各ディーラ、販売店では自動車ローンの新しい形態の「残価設定ローン」としてかなり、力を注いでいるようです。

残価設定型クレジットのメリット

残価設定型クレジットのメリットは、あらかじめ残価を設定するので、通常の自動車ローンを組むより、残価の分所要資金が少なくなり、月々の支払いの負担が軽くなる点です。

また残価を設定することで、いままで自分の予算では手の届かなかった、ワンランク上の車に乗ることができる点もメリットですね!

400万する車を欲しくても、ローンが300万しか組めない人でも、残価設定型クレジットで設定した残価が100万であれば、400万円する高額な車が乗れるということです。

残価設定型クレジットを利用することで、乗れる車の選択枠が増えるので、いま話題の電気自動車、ハイブリットカー、プラグインハイブリット車などの高額な車や、話題で流行の人気な車種に、月々の支払いの金額が安くて乗れる点はメリットといえます。

また、3年、4年、5年後に「乗り続ける」「手放す」「新しい車に乗り換える」と将来の3つの選択肢が出来ることは、家庭では家族の成長や変化にあわせて、法人、事業主は事業の規模に合わせて見直せることが出来るのは大きなメリットです。

残価設定型クレジットのデメリット

残価設定型クレジットのデメリット

残価設定型クレジットのメリットは前の記事で紹介しましたが、残価設定型クレジットの
デメリットとは何でしょうか?

残クレのデメリットは、低金利のクレジッドで有名な日立キャピタルの2.4%の金利に
比べ、残クレの金利は大体のメーカーが実質年率4.9%と低金利のクレジットより高い設定になっています。
たしかに日立キャピタルの金利の2倍もの金利がかかっていることのなりますね!

また残クレでは、契約時にいろいろな規制がかかってきます。

3年後~5年後の残クレ終了時、車両の状態(キズやへこみ)走行距離(加走行)などを
契約時に決めて、車両返却する際に契約した基準を超えた場合に最初に設定した
査定額(残価)の差額を負担しなければなりません。

事故などを起こしたらすごく大変なことになるので、車両保険は必ず付けないと
駄目かもしれませんね!
車両保険を付帯することによって保険料が高くなってしまう点も大きなデメリットと
なりますね。

せっかく残クレを使って、月々のお支払金額は安くワンランク上の車に乗れても
維持費が高くなってしまっては意味がありません。
(ワンランク上の車だと車両保険も高くなるかも(^_^;)

さらに残クレで車を購入すると、あくまでも噂ですが車両本体の値引き額も
少いということを耳にします、ですから残クレで新車を購入する際は、事前に
インターネットなどで新車の見積もりを取って、新車の値引きの相場を事前に
手に入れてからデーラーにいって商談をしたほうが間違いないですね!

事前の値引き情報を調べるなら、無料で簡単にインターネットで見積もりがとれる
オートックワンがお勧めです。

残クレには、必ずメリットとデメリットがあるので、それぞれを比較し理解した上で、
自分に合ったクレジットを利用したいところですね!

低金利のバイクローンをお探しの方へ

いま人気のクルーザーバイク、ビッグスクーター、ネイキッドバイクは、凄くカッコいい分
価格が非常に高騰しています。

バイク1台と乗用車1台買うのとほとんど変わらないぐらいの金額です。

現金で購入するのは、かなりの負担になってしまいます。


そこでローンを組んで購入するのが一番最適な購入方法になるのかな?

できれば、金利が安いバイクローン、低金利でローンを組みたいと誰もが思います。


低金利のバイクローンと言えば、日立キャピタルのバイクローンが有名ですね

byk.jpg

日立キャピタルのバイクローンは、基本的に保証人不要です。
来店不要で、インターネットで簡単申し込みが出来ます。

*日立キャピタルのバイクローンは、現在休止しています。

固定金利とは?

マイカーローンの金利には、固定金利と変動金利の2種類の金利のタイプがあります。

そのうちの固定金利のメリット、デメリットなどを紹介いたします。


固定金利とは、ローンを組んだ時点から、ローンの終了日まで金利が一定で変動することはありません。

固定金利のデメリットと言えば、市場金利の情勢の変化に影響がないため、変動金利に比べて金利が若干高く設定されているようです。


また、市場の金利が下がった時には、その分金利が変動しないた、結果的には金利の
負担が大きくなる可能性もあります、この2点が固定金利のデメリットではないのでしょうか。

固定金利のメリットと言えば、金利が一定のため返済金額が変わらないので将来の
ライフスタイルの計画が立てやすいということではないでしょうか。


マイカーローンの期間が長いときは、固定金利を選択したほうが良いかもしれませんね!







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0
効果的な通貨ペア