低金利で人気の自動車ローンをお探しのあなたへ、日立キャピタルのマイカーローンが、金利が2.6%と低く、来店不要で人気でしたが、最近では銀行系の自動車ローンもかなり金利が安く金利が1.7%台のローンも出てきています。低金利で人気のマイカーローンをご紹介しています。

残価設定型クレジットって?

残価設定型クレジットとは、普通の自動車のクレジット、マイカーローンとは違い、まず最初に3年~5年後の買い取り保証額を設定します。この買い取り保証額、これが俗に言う残価と言います。

そしてその残価(買い取り保証額)を除いた金額を分割で支払いする方法が、残価設定型クレジットといいます。

残クレは、残価(買い取り保証額)があるので、クレジットを組む所要資金が少なく設定できるため、月々の支払いの負担が軽くなり、いま注目を集めている自動車ローンです。

またこの残価設定クレジットの魅力は、クレジット終了時に3つのプランが選べます。
「新車に買い替える」「車を返却、手放す」「車をお客様が買い取って乗り続ける」ことができます。選択できることで、生活環境や社会状況が変わっても選択肢があることで人気となっています。

トヨタ自動車では、残価設定型プラン、日産では、日産ビッグバリュークレジット(残価設定型)ダイハツでは、ワンダフルクレジット、スズキ自動車では、かえるプラン、マツダでは、マツダスカイプラン、三菱では、スーパーマイカープラン、スバルでは、SUBARU安心プランという呼び方で各ディーラ、販売店では自動車ローンの新しい形態の「残価設定ローン」としてかなり、力を注いでいるようです。

関連記事

  1. 残価設定型クレジットのメリット
  2. 残価設定型クレジットのデメリット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 残価設定型クレジットって?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://autloan.net/mtos/mt-tb.cgi/9

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0
効果的な通貨ペア