低金利で人気の自動車ローンをお探しのあなたへ、日立キャピタルのマイカーローンが、金利が2.6%と低く、来店不要で人気でしたが、最近では銀行系の自動車ローンもかなり金利が安く金利が1.7%台のローンも出てきています。低金利で人気のマイカーローンをご紹介しています。

残価設定型クレジットのデメリット

残価設定型クレジットのデメリット

残価設定型クレジットのメリットは前の記事で紹介しましたが、残価設定型クレジットの
デメリットとは何でしょうか?

残クレのデメリットは、低金利のクレジッドで有名な日立キャピタルの2.4%の金利に
比べ、残クレの金利は大体のメーカーが実質年率4.9%と低金利のクレジットより高い設定になっています。
たしかに日立キャピタルの金利の2倍もの金利がかかっていることのなりますね!

また残クレでは、契約時にいろいろな規制がかかってきます。

3年後~5年後の残クレ終了時、車両の状態(キズやへこみ)走行距離(加走行)などを
契約時に決めて、車両返却する際に契約した基準を超えた場合に最初に設定した
査定額(残価)の差額を負担しなければなりません。

事故などを起こしたらすごく大変なことになるので、車両保険は必ず付けないと
駄目かもしれませんね!
車両保険を付帯することによって保険料が高くなってしまう点も大きなデメリットと
なりますね。

せっかく残クレを使って、月々のお支払金額は安くワンランク上の車に乗れても
維持費が高くなってしまっては意味がありません。
(ワンランク上の車だと車両保険も高くなるかも(^_^;)

さらに残クレで車を購入すると、あくまでも噂ですが車両本体の値引き額も
少いということを耳にします、ですから残クレで新車を購入する際は、事前に
インターネットなどで新車の見積もりを取って、新車の値引きの相場を事前に
手に入れてからデーラーにいって商談をしたほうが間違いないですね!

事前の値引き情報を調べるなら、無料で簡単にインターネットで見積もりがとれる
オートックワンがお勧めです。

残クレには、必ずメリットとデメリットがあるので、それぞれを比較し理解した上で、
自分に合ったクレジットを利用したいところですね!

関連記事

  1. 残価設定型クレジットって?
  2. 残価設定型クレジットのメリット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 残価設定型クレジットのデメリット

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://autloan.net/mtos/mt-tb.cgi/11

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0
効果的な通貨ペア